NO DEATH TO COFFEE マグネット

NO DEATH TO COFFEE マグネット

通常価格
¥110
販売価格
¥110
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

NO DEATH TO COFFEEマグネット 1枚
サイズ 横:4.5 cm 縦:5.5 cm

マグネットといったら冷蔵庫に?エスプレッソマシンに?玄関に?かっこよくデコレーションして、コーヒーに関わる環境や未来の問題について認知いただくきっかけとなりますように。
STONE'S THROW PARACHUTESにはこちらのマグネットも付いてきます。ぜひチェックしてみてください。
https://singleojapan.thebase.in/items/42941284

Climate Instituteによると気候変動により、60%以上のアラビカ種が2050年には無くなってしまうと言われています。

NO DEATH TO COFFEE PROJECT
Single Oはこの危機に対して、自分たちは何ができるのかを模索してきました。2019年、コーヒーの明るい未来と存続のため「No Death To Coffee」プロジェクトをスタートし、気候変動にも耐えうる新品種の研究や、生産者の生活水準向上などを使命とする非営利団体のワールドコーヒーリサーチ(WCR)をサポートしてきました。

2021年、私たちの本部があるオーストラリア シドニーでは、Single O オーストラリア ビジネス全体としての二酸化炭素排出量の監査を完了し、自分たちがどれくらいの二酸化炭素を排出しているのかを確認しました。その後オーストラリアとニュージーランドの非営利環境団体であるGreenfleet Australiaと提携し、カーボンニュートラルのステータスを達成しました。

しかし、これだけでは十分ではありません。実際の二酸化炭素の排出問題に対しては、より草の根的な方法で取り組んで行かなければなりません。ビジネスの中で小さなことでも実際に行動に移し、決して個人の力では戦えないという事であることを認識し、パートナーや周りの方々を巻き込んで団結して立ち向かわなければならない「戦い」なのです。No Death To Coffeeのプロジェクトの一環として、3つのMISSIONを掲げ、二酸化炭素排出量を削減する活動をスタートさせました。
1. カフェでの使い捨てカップの使用削減
2. 輸送に伴う二酸化炭素の排出の削減を目的とした、Asia Pacific BlendのSTONE’S THROWリリース
3. ヴィーガンをメインとした食事を提供することで二酸化炭素の排出削減に挑戦

日本では、コロナの感染予防対策を考えると、使い捨てカップを一切使わない事(MISSION 1)は難しく、また弊社店舗にてヴィーガンをメインとした食事の提供(MISSION3)はできませんが、MISSION2「STONE’S THROW BLEND」をお届けできるを嬉しく思います。

x