FESTIVAL OF TWENTY!

WE ARE TURNING TWENTY!

2003年、シングルオー(Single O)はコーヒー愛好家のディオンとエマのコーエン夫婦が、オーストラリア・シドニーのわずか20㎡のコンパクトな焙煎所兼カフェを立ち上げたことで誕生しました。そうです、今年で20歳になります!シドニーではお祭り騒ぎでお祝いします。

日本に上陸したのは2014年で、まだ9歳ですが、シングルオー・ジャパンのコーヒーを愛する皆さんと共に、特別なお祝いブレンドを楽しみながら、シングルオーの20歳をお祝いできると嬉しいです。


下記にシングルオー・シドニーからのメッセージと、これまでの歩みを振り返るタイムラインをご紹介します。

【シングルオー・シドニーからのメッセージ】
「皆様のおかげで、シングルオーはついに20歳を迎えます。いつもサポートしていただきありがとうございます。心から感謝しています。
2003年の創業以来、私たちが成し遂げたいと思っていた目標の多くを達成することができました。これはこれを読んでくれている皆様を含む、素晴らしいコーヒーコミュニティーが支えてくれたおかげです。


2003年に私たちがカフェでシングルオリジンコーヒーを提供し始めた当初、ブラックコーヒーを頼むお客様は全体の2%程度でしたが、現在では25%を超えています。私達は、スペシャルティコーヒーの作り手に敬意を払い、良い品質のコーヒーをいかに多くの人へお届けできるかを追求し続けてきました。


スペシャルティコーヒーを提供するカフェがオープンし始めた頃、そのほとんどのお店では大きなロゴがプリントされた袋に入った、ダークローストのコーヒーを提供することが一般的でした。しかし、シングルオーは明るくバランスのとれたオリジナルブレンド「レザボア」などを提供し続けてきました。今では、私たちのブレンドが創業時には想像もできなかった数のカフェでも提供されています。


しかし、まだまだ達成すべき目標はたくさん残っています!これからの20年も多くの目標を達成していくことを目指し、未来への情熱を燃やし続けています。」

さあ日本でもお祝いムードのスタートです。今後何がリリースされるのか、是非下記をチェックしてみてください。

FESTIVAL OF TWENTY BIRTHDAY BLEND

なんといってもフェスティバルにはヘッドライナーが不可欠ですよね。
フェスのバーで飲まれているようなピンクスパークリング、パイナップル、パッションフルーツの風味が弾けるコーヒーで気分を盛り上げてください!

 

FESTIVAL OF TWENTY BIRTHDAY BLEND PARACHUTES 

手軽に本格的なコーヒーを楽しめるドリップバッグコーヒー

エチオピアのナチュラル精製とブルンジのイースト菌で発酵されたCIMA YEASTウォッシュト精製のコンビネーションは、フェスのバーで飲まれているようなピンクスパークリング、パイナップル、パッションフルーツの風味が弾けるコーヒーに仕上がりました。ぜひドリップバッグでもこの上質なコーヒーをお楽しみください。

NEW ART BAG & NEW MARCH INCOMING!

コーヒー豆1kg ARTバッグ「TRIPPY TWENTY」がまもなくリリースです!

Surry Hillsカフェの常連客である、データアナリスト兼アクチュアリストのKyle Freeman氏による作品。独創的で素晴らしいイラストが目を楽しませ、空間を華やかにしてくれます。また20周年を記念した新しいグッズも制作中です。ソックス、帽子、Tシャツなど4月下旬販売開始予定です。どうぞご期待ください!

20HOURS PARTY!

シングルオー・シドニー、Surry Hillsカフェで20時間に渡ってパーティーが行われる予定!日本のHamacho カフェでも、20時間ではありませんがその日はお祝いモードで営業します。詳細をお楽しみに!

【シングルオーの歩み】

2002シングルオリジンの提供をコンセプトとしたカフェのアイデアが生まれる
  Idea is born to serve single origin coffees, showcasing crop-to-cup, in a first   of our kind in Sydney, Australia


2003 サリーヒルズに店内に焙煎機をおいたカフェをオープン
   Café opens doors in Surry Hills, Sydney, roasting on site


2004 焙煎豆の卸売りを開始
   Begin roasting wholesale

2011 タップからスチームミルク用の牛乳が出るシステムThe Jugglerのコンセプトを発表
  Launch proof-of-concept The Juggler Milk on Tap system

2013 焙煎施設をシドニー、ボタニーに移転
  Move roasting to Botany

2013コーヒー豆が入る袋を「キャンバス」とするアートバッグプロジェクトがスタート
 Launched art bags by commissioning rotating artists to use our coffee baag as a ‘canvas.’

2014 Single O日本上陸 両国で焙煎を開始
         Company commences roasting in Japan


2015 クイーンズランド州ブリスベンにトレーニングスペースを開設
         Launch Education & Training space in Brisbane, Queensland


2016 公式に名称をSingle Origin RoastersからSingle Oに変更
         Officially change name to Single O


2017 両国焙煎所内にコーヒースタンドTasting Barをオープン
         Japan roastery tasting bar to open


2018 コーヒーを未来につなぐプロジェクトNo Death to Coffeeスタート
         No Death to Coffee project start


2018 隅田川花火大会に着想を得たFirecrackerブレンドをリリース。
         Firecracker blend launch inspired by Sumida river fireworks


2019 タップコーヒーコンセプトを発表。シドニーのSix Simple Machines社が制作したプロトタイプでの提供をスタート
         Conceived batch on tap concept and launched the first system created by  Sydney’s Six Simple Machines


2021 日本初の旗艦店Single O Hamachoをオープン。シドニーでは1% for the planetに参画
          Single O Hamacho Opened, Sydney 1% for the planet


2022 Single O Japanも1% for the planetへ参画
         Single O Japan 1% for the planter partner


2022 ロゴを「O」だけに変更 新しいパッケージのスタート。
          Going with the O! On its signage and new packaging, Single O is now represented by a ‘single o mark.’

2023 Single Oがハタチに!Single O Japanは9年目!
         Single O turns 20! Single O Japan 9yrs!

この先の20年間もやりたい事はたくさんあります。私たちSingle Oがそうであるように、このコーヒーを飲んでいる皆さまもワクワクするような未来予想図を想像できますように!